和食の味方を、100年以上。

鈴勝の歴史は明治37年(1904年)、創業者による塩田での集荷から始まります。
それ以降、塩、醤油、ソース、味噌、各種調味料の製造へとその形を変えつつ、基礎調味料の発展とともに、100年以上にわたって、日本の食卓を陰から支えてきました。
現在も「手軽に本格的な味わいを食卓へ」をスローガンに、皆さまのご要望にお応えできるよう、商品の開発に取り組んでいます。

世界中で愛され、認められた和食の文化を、これからも支え続けていくこと———
それが私たちの使命です。

鈴勝の歩み

明治37年(1904年)

かつて大井川吉永浜では塩田による製塩業が盛んで、江戸時代から特産品として広く知られていました。
明治37年に初代:鈴木勝蔵が、明治政府から塩集荷人に指定されます。

明治38年(1905年)

塩専売法の施行により、塩田の廃止が決定されました。
地場産業を維持するため、再製塩製造業者の指定を受けて、再製塩製造を開始します。

大正3年(1914年)

当時高価な輸入医薬品だった、カフェインの国産化に着手しました。
地元特産の茶葉からカフェインを抽出する製造法を確立し、製薬免許の交付を受けます。

大正10年(1921年)

民間食卓塩製造元売捌き人の指定を受け、「イカリ印」の商標で食卓塩の製造販売を開始しました。
その後も唯一の民間食卓塩事業者として、販売は戦時中まで続きます。

大正15年(1926年)

塩専売法改正に伴い、再製塩製造事業を廃止しました。
モダンな味付けを好む都会と、昔ながらの味付けを好む地方の異なるニーズに着目し、ソース醤油の製造に着手しました。
ソースを「ワサビ印」、醤油を「カクミツノボル」の商標で販売開始します。

昭和5年(1930年)

多くのお客さまからのご要望を受けて、味噌の醸造に着手しました。
味噌を「フジマル」の商標で販売開始します。

昭和8年(1933年)

醤油を「キッコーカツ」の商標で販売開始しました。
「キッコーカツ」は現在も、鈴勝のトレードマークとして活躍しています。

昭和24年(1949年)

法人に組織変更し、「株式会社鈴勝商店」となります。
当時は調味料のほか、切手やタバコなど、幅広く商品を取り扱っていました。

昭和41年(1966年)

吉田町の養鰻事業者からの依頼を受けて、新たに蒲焼のたれを開発しました。
全国で初めて蒲焼のたれの工場生産に着手し、販売を開始します。

昭和46年(1971年)

静岡県内17の醤油醸造所の近代化のため、静岡県産醤油協業組合が設立されました。
設立と同時に同組合に加入し、醤油製造部門を分離します。

昭和52年(1977年)

戦時の混乱の中で、大井川での塩づくりは途絶えてしまっていました。
製塩業復活のため、特殊製塩製造所許可を受けて、浜の塩の製造と販売を開始します。

平成2年(1990年)

商号を変更し、現在の「株式会社鈴勝」となりました。

平成6年(1994年)

中国で食品製造の合弁会社5社の設立に参画しました(現在は関係解消しています)。

平成10年(1998年)

品質保証の国際標準規格「ISO9001」(1994年度版)の認証を取得しました。

平成15年(2003年)

環境の国際規格「ISO14001」(2004年度版)の認証を取得しました。

平成21年(2009年)

静岡県産醤油協業組合が組織変更し、「静岡県産醤油株式会社」となりました。
同社は静岡県内で唯一の量産型醤油製造事業者として、現在も高品質な醤油の生産と供給を続けています。
https://www.syouyu.co.jp/

平成26年(2014年)

食品安全の国際標準規格「ISO22000」(2005年度版)の認証を取得しました。

令和2年(2020年)


経済産業省により、「地域未来牽引企業」に選定されました。
https://www.meti.go.jp/policy/sme_chiiki/chiiki_kenin_kigyou/index.html

会社概要

商号 株式会社 鈴勝
代表取締役 鈴木 良彦
創業 1904年(明治37年)
資本金 1000万円
事業内容 蒲焼のたれ・醤油・ソース・つゆ・各種たれ類 製造販売
関連会社 静岡県産醤油株式会社・鈴勝塩業株式会社
主要取引銀行 静岡銀行 大井川支店
本社および工場 〒421-0211 静岡県焼津市吉永1915
TEL:054-622-0333(代)
FAX:054-622-6700
E-mail:info@suzukatsu.co.jp

アクセス