和食の味方を、100年以上。

和食の味方を、100年以上。鈴勝の歴史は明治37年(1904年)、創業者による海岸での塩集荷から始まります。
それ以降、塩、醤油、ソース、味噌、各種調味料の製造へと形を変えつつ、基礎調味料の発展とともに100年以上にわたって、日本の食卓を陰から支えてきました。
現在も「手軽に本格的な味わいを食卓へ」をスローガンに、皆さまのご要望に応えられるよう、商品の開発に日々取り組んでいます。

世界中で愛され、認められた和食の文化を、これからも支え続けていくことが私たちの使命です。

経験という、持ち味。

経験という、持ち味。

和食の味を決める素材の種類は、意外とシンプル。
醤油、砂糖、味噌、塩の基本の4つに、各種だし、酢を組み合わせることで、多種多様な味ができあがります。
ところが全く同じ素材でも、分量や製造工程など、わずかな違いで味は大きく変化してしまうため、「味づくり」には化学的な知識だけでなく、豊富な経験が必要です。
鈴勝が100年以上の歴史の中で、創り上げた味の数は数千種類。
そしてその何十倍もの試行錯誤を重ね、多くの技術やノウハウを長年にわたって培ってきました。

お客さまの求める味、それを実現するための経験が、鈴勝にはあります。

”味”なものが、生まれています。

味なものが、生まれています。

鈴勝は独自のマーケティングを通じて、全てのお客さまに喜んでいただける「味づくり」を目指しています。
そこにはもちろん、安心・安全に対する配慮も欠かせません。
鈴勝は平成26年(2014年)に食品安全の国際規格であるISO22000を取得。
一人ひとりが品質と安全性の向上を意識し、日々業務に取り組んでいます。
美味しさは当然のこと、高い品質と安全性、そしてお客さまにとっての使い勝手のよさ…

鈴勝だからできる、鈴勝にしかできない”味”を、これからも創り続けていきます。